<< 必要・最小限 | main | 謹賀新年 >>

マグネシア

どこに溶けていこう

目を閉じて

きみのいない夢


孤独のふりをした横顔を

さみしいんだねって

幼さで愛した


溶けきれない、心を

きみに預けよう

燃やしてごらん、同じ色になる。

マグネシア、夜になって明るい


溶かしきれずに残り火で

見つめあって。


どこへも行けずに、ただ

燃やすだけの心を


私たちはお互いに、幼いまま持ちつづける。



posted by: 安田りさ | | 02:05 | comments(0) | - | - |
コメント